読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物書きのリハビリ

多趣味なもので、トピックはあちらこちらに飛びます。それだけ自由な文章を書いているということで、お付き合いいただきたく。

アルマトイ5日目: 好物のベシュバルマクに辿り着く

山々に囲まれたアルマトイ
街から離れ、自然を楽しもうと意気込んでいましたが、生憎の雨模様の為、バザールへ。

f:id:kentktk7716:20160325195713j:image

青果、服飾品、日用品など、様々なものが販売されています。

f:id:kentktk7716:20160325195757j:image

f:id:kentktk7716:20160325195819j:image

中には、アニメショップも。

f:id:kentktk7716:20160325195839j:image

かつてここは、下着、洋服、伝統衣装などすべての服飾品が手に入ることから、人気と知名度があったようですが、国内外のファッションブランドがモールに進出したことで、かつてほどの需要はなくなりつつあるようです。

f:id:kentktk7716:20160325200153j:image

ひと2人が通るのもやっとの通路、車内販売のように食べ物(主にナッツ類、飲料、さらには寿司も)の移動販売かまされています。

f:id:kentktk7716:20160325200120j:image

現首都のアスタナは、2017にEXPOを控えている為、建設ラッシュ。
旧首都のアルマトイも、それにあやかって工事している様子が散見されました。

一通り見終わったら、かねてより食べたかったカザフ料理を。

f:id:kentktk7716:20160325200358j:image

現地の人曰く、自国料理は家庭で作れる・食べられる為、わざわざ外出してまで食べに行くことはないとのこと。
そういう事情からも、伝統料理を提供しているレストランの数は多くありません。

f:id:kentktk7716:20160325200517j:image

まずは紅茶と、馬乳酒を飲んでみました。

f:id:kentktk7716:20160325200834j:image


以前、日本でも飲んだことがあったが、
それに比べると大き目の器で、味も異なりました。

日本でのものは、味の薄い甘酒・酸味弱め、という具合でしたが、今回、本場で飲んだものは酸味が強く、クセも強いものでした。

文字通りで馬の乳の酒なので、これは好き嫌いが分かれると思います。

そしてメインディッシュ。
f:id:kentktk7716:20160325232826j:image

ベシュバルマク。
本来は隣国キルギス国民食とのことですが、カザフスタンでは馬の肉と玉ねぎ、パスタを調理するようです。
Бешбармак は5本の指、を意味するので、元来文字通り、手を使って食べられていたのでは、と考えられます。
f:id:kentktk7716:20160325233232j:image

カザフスタンでは、日本人が一年で消費する量の肉を一ヶ月で食す、とどこかで読んだことがありますが、それを裏付けるようにテーブルの上は食べ物で埋め尽くされていきます。

日本にいるときのように、興味本位であれこれ注文すると、その量に驚かされます…。
f:id:kentktk7716:20160325233501j:image

1年前に首都アスタナを訪れた時もベシュバルマクを食べましたが、あまりの量なので、一度食べればしばらくは満足…。

ちなみに馬肉は独特のクセがありますが、ジンギスカンが大丈夫なら、こちらも安心。

f:id:kentktk7716:20160325233806j:image