物書きのリハビリ

文章の練習と備忘録

事実婚、子どもの親権・名字問題

私事だが、縁や運やタイミング諸々が重なって、いわゆる婚約ということに相成った。

 

当然、次のステップとして入籍が控えているのだが、ここで法律婚事実婚か?という分岐点に立っている。

 

一般的なのは婚姻届を提出して証明する法律婚で、私の両親もそうだし、周り近所の大多数がこちらだと思う。

 

一方で、某インフルエンサーや芸能人が選択したことで認知が高まっている事実婚。こちらは婚姻届を提出しない(入籍しない)が、社会的には入籍している夫婦と変わらない状態にあることを指す。婚姻の意思があるが手続きをしていないカップル、いわゆる内縁の妻・夫だ。

 

※それぞれがどう違うか、項目別の一覧表は以下の通り

 

f:id:kentktk7716:20200524150818j:image

出典:

選ぶ結婚 事実婚と法律婚は何がどう違うのか|WOMAN SMART|NIKKEI STYLEstyle.nikkei.com

 

法律婚はいわゆる"夫の名字になる"というやつで、「結婚したという実感が湧く」と言われようが、大多数がこれを選択していようが、そうは言っても妻側の負担が大きいのだ。(もちろん、妻側の名字になる選択肢もあるが、一般的、という意味において)

 

名字を変えるに伴って、思い浮かんだだけでもキャッシュカード、クレカ、パスポート、免許証、保険、住民票、職場…等々、届出をするものが多すぎるし、ものによっては変更手数料がかかるものがある。話は逸れるが出産・育児しかり、日本は家庭を持つことに対してハードルが高いな、一時期話題になった保育園落ちた云々、の話もひと事じゃないな、などと思わずにはいられないのである。

 

事実婚は、単なる同棲との区別にあたって住民票をもって証明することとなる。我々も引越しに伴って、私: 世帯主、相手: 妻(未届)、という記載のされ方をしている。現在は事実婚状態である。

 

法律婚ならば扶養に入れる・税金の控除という大きなメリットもありつつ、先述のような変更手続き、入籍=夫婦いずれかの姓に強制される違和感もあって未届ではあるのだが、事実婚について調べていくと先の表にはない観点が見つかった。

 

子どもの戸籍である。

 

事実婚の場合、生まれた子どもの親権は母親側、「非摘出子」として母親の籍に入ることになり、父親は「認知」の手続きが必要となる。

夫婦で苗字が違うのだから、子どもとも名字が違う、ということだ。

 

●嫡出子

嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものことをいいます。

●非嫡出子

非嫡出子とは、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子どものことをいいます。
嫡出でない子(非嫡出子)は、その父または母が認知することができます(民法779条)。

認知子

認知子とは、嫡出子ではないが、法律的に父親から父子関係を認知されている子どものことを指します。
内縁関係の夫婦の子どもで、認知を受けていない場合は、法律上の父子関係が認められず、相続権などが得られない場合があります。
母子関係の証明は、懐胎(妊娠)・分娩課程という事実によって、必然的且つ客観的に親子関係が確定されます。

出典:

www.soudan-form.com

 

これを見て思ったのが、「事実婚状態での出産はシングルマザー扱いになるのか」、「児童扶養手当子ども手当の対象となり得るのか」。

 

児童扶養手当は、「父母が離婚した児童、父または母が死亡した児童、父または母が一定の障害状態にある児童などの養育者」が支給対象であることに鑑みると、生計を同一にする・金銭的な援助を受けている場合は対象外となる(この定義に基づくと、事実婚といえど、シングルマザーにはならなさそう) 。

自治体による判断の違いはあれど、再婚でなく「彼氏」のような立ち位置で同棲している場合でも支給停止となるようだ。一方の児童手当(子ども手当)は、子どもの人数・所得制限はあれど、婚姻状態による制限はない。

 

どちらかというと、子どもがいない、これから結婚(初婚)に向かうカップルより、子どもがいる状態で事実婚(ないしは同棲中の(経済的援助もしている)交際相手がいる)に該当する場合の落とし穴が、児童扶養手当にはあるような印象だ。

 

出典:

financial-field.com

 

手当まわりは法律婚と扱いの大差はない。

となると、子どもの名字、先を見据えれば相続権や大きな手術時に家族として同意書にサインができないといったところだろう。

 

走り書き的に、法律婚事実婚についてまとまりなく綴ってみたが、選択的夫婦別姓が採択されれば諸問題は解決するのである。もちろん事実婚だからこそのメリットもある(万が一離婚してもバツ…戸籍上の離婚歴にはならないなど)。

 

"選択的"なのだから、これまで通り夫婦同姓にしたいカップルはそうすればいいし、手続き上の煩雑さや自分の名字に愛着があるカップルは別姓にすれば良い。そういうあり方なのに、未だ選択的夫婦別姓が認められない、ひいては「反対」する人の考えがよくわからない。

 

いや、そう考えると、夫婦別姓でも子どもの名字はどっちになる問題が出てくるな。事実婚でも、父親が「認知」すれば父親の姓を名乗れるパターンもあるというし。 

 

…などといったことを、婚約中・内縁の夫婦時分だが考えている。

 

 

NHKのリモート制作ドラマを観た

NHKで、キャスト・スタッフが一堂に会さず"テレワーク"で制作されたドラマ「今だから、新作ドラマ作ってみました」を観てみた。

 

『今だから、新作ドラマ作ってみました』"テレワークドラマ"5月上旬放送! | お知らせ | NHKドラマ

 

他の民放ドラマがどう動いているかキャッチアップできていないけれど、NHKがこのような試みをするんだなあという純粋な興味があった。

 

第一夜の今回は、遠距離恋愛中のカップルのやりとりがテーマ。

実際の世界よろしく、teams(ビデオチャット)でのやりとりがテレビ画面のメインだった。

 

おそらく今までのビデオチャットシーンは画面はめ込みだったり、"してる想定"の演技だったりしたのでどうしても、演技してる感があるように思えたのだが、今回は実際にオンラインで繋がっていることもあって、

・画質が荒い時がある

・teamsのチャット画面が映り込んでいる

・PCに顔が近づくと、声のボリュームもちょっと大きくなる

等、私自身もteams会議していて"あるある"な演出、演者の表情や間がリアルだな、とのめり込んでしまった。

 

f:id:kentktk7716:20200505005538j:image

※画像出典:

カメラアングルの調整、録画もすべて俳優自身|Real Sound|リアルサウンド 映画部

 

また、第三者視点は部屋に取り付けられた定点カメラで、演者の表情にズームアップみたいな、カメラマンがいるからこそできる演出がないのも新鮮。小道具も、ドラマ用に制作する期間もリソースもなかったからか身近なものが(演者のPC、ピーナッツバター、宅配された段ボール等の企業ロゴがうまく映らないように)登場していたのも、面白かった。

 

報道番組やバラエティはリモートで解説、コメントしてるようだが、ことドラマに関しては新しいやりようを見た。

スタッフブログによると制作期間が超短期で、打ち合わせもフルリモートというあたり大変だったことが窺えるが、いち視聴者としては従来のドラマより生々しさ、リアル感を覚えながら観れたので、アフターコロナでも質感を醸し出すためにあえてリモートで撮影する場面が増えてきても不思議ではないと思う。

 

ちなみに、柴咲コウムロツヨシ高橋一生(敬称略)らが出演する第三夜はスマホ一台だけで撮影、登場する食事に至っては柴咲コウ本人が用意しているという。

 

テレワークドラマ撮影の舞台裏!~「転・コウ・生」撮影・美術編~ | 今だから、新作ドラマ作ってみました | ドラマスタッフブログ|NHKドラマ

 

プロの撮影スタッフ、制作スタッフがいてこそ出来上がっていた作品は数多くあることはわかっている。もちろん、映像には登場しないが関わっているスタッフもたくさんいる。

が、作品テーマによっては、たった一台のスマホ、演者自身で用意する小道具だけでも事足りてしまう、あるいは、そのほうがリアルな・視聴者的にも共感できる演出になることがわかってしまうのも、コロナがもたらした影響のひとつかもしれない。

 

●第1夜 「心はホノルル、彼にはピーナツバター」 5月 4日(月)後11:40~0:10/総合 ≪一部地域は別番組≫
<作>矢島弘一            
<出演> 満島真之介  前田亜季  

●第2夜 「さよならMyWay!!!」 5月 5日(火)後11:15~11:45/総合
<作> 池谷雅夫             
<出演> 小日向文世  竹下景子

●第3夜 「転・コウ・生」 5月 8日(金)後11:40~0:10/総合
<作> 森下佳子  <音楽> 宮崎誠
<出演> 柴咲コウ  ムロツヨシ  高橋一生

子どもストレス社会

GWも折り返し地点。

外出自粛もあって、GW感のないGWですね。

 

周り近所に過ごし方を聞いてみると、

・ひたすらゲームする

・ジョギング程度に運動する

・どうせやることないしむしろ仕事したい

など、いざ外出自粛、良く言い換えれば「可処分時間」が増えると、大人は困るんだなあという印象が強いものです。

 

とはいえ、どうとでも過ごしようを見出せる大人に対し、このご時世は子どもにとってストレス社会だなと感じます。

 

私が住んでいるマンションは小さい子ども連れ、ファミリー層が多く、四六時中子どもたちの元気な声が聞こえます。

 

在宅勤務が始まって早2ヶ月ほどですが、テレカンをしていると上司・クライアントどちらからも子どもの声が入ってくる…

 

彼ら彼女らは元気盛りの子を持つパパママ世代だし個人的にそれが嫌、ということはありませんが、外を走りまわりたい・出かけたい子どもからするとストレス溜まっているんだろうな、と。

 

近所ある、東京にしては規模の大きい公園にも「GWは不要不急の来園を控えてください」のチラシが至るところに貼られていたり、15分おきに同内容のアナウンスが流れていたり。

 

スーパーに行けば大混雑、まさに3密。さすがに子ども連れは多くないにせよ、スーパーがテーマパーク化してる感は否めない。

 

上の階のご家族は、引越し挨拶の時に元気な2人兄弟に会いましたが、元気な足音がよく聞こえます。明らかに体力を持て余していますね。だからと言って文句もありません。

 

GWの行楽地は軒並み閉園中、ならばと候補の公園も自粛の貼り紙で長居しづらい、いつまでもYouTubeNetflixも魅せる訳にもいかず…

 

大人も大変だけど、多感な時期に #おうち時間 を強いられる子どもたちもまた、身の丈以上の闘いを強いられているなと思うGW3日目です。

f:id:kentktk7716:20200504113235j:image

在宅勤務メモ #2

2か月ほど前、在宅勤務を始めてメリット、デメリットはこんなだなあ、とのんきに書いていたが、それから今日まで続いている。

 

withコロナのエントリーでも書いたように、今後あらゆる分野でパラダイムシフトが起こるだろうとされており、緊急事態宣言も当初の5/6以降も延長されるだろうとされる中、備忘録的に、今年上半期の(個人的な)走り書きをしておこうと思う。

 

kentktk7716.hatenablog.com

 

1月:じわじわとコロナが認知され始めるも、周り近所でも「そんなビールみたいな名前だっけ」という会話があるくらいには他人事であった。

※やがてそのコロナビール風評被害の煽りを受けて販売停止に追い込まれるとはつゆ知らず

 

2月:本格的に国内でも感染者が増え始めた。自分のすぐ近くでも感染が見つかり、社的にも在宅勤務へ。

 

3月:リモートへの動きは早かったものの、さすがに3月いっぱいまではないだろうと思っていた中、周辺企業でも感染者が出たとの噂だったり、全国的に在宅勤務へシフトする会社が増え始める。本格的に「来たな」とか、オリンピック怪しいぞ、という風潮が強まる。

 

4月:オリンピック延期が正式に発表されたことや、有名人レベルでの死亡者のニュースも出始めて、悠長にGWの予定を立ててる場合じゃないな、という雰囲気になる。緊急事態宣言も発令され、帰省もままならない状況に。

GW目前でも感染者数は減らず、6月以降も緊急事態宣言は継続される雲行き。

www.huffingtonpost.jp

 

 

明日で4月最終日、世間的にはGWに入っているが、外出自粛要請下だし有給をとるメリットも少ないので今年は暦通りの連休を過ごす予定だ。(やることが多いということもあるが)

幸いにも在宅勤務でなんとかなっているものの、業種によっては5/6までの自粛でも経営が成り立たない、延長されれば倒産ものの数も増えてくると言われているところで、一方で大きな転換期にいることは(言い方はともかく)"レアな体験"をしていることは間違いないので、日記、備忘録は走り書きでも残しておこうと思った次第。

 

しかしYouTuber然り、"寝てても稼げる"仕組みを作っておくことの重要さが際立つ事案ですな。。

withコロナとはなんなのか

在宅も長くなり、外出も満足にできずにコロナ関連のニュースが増えてくると、取り上げるトピックも偏ってくる。

 

コロナ真っ只中、良くも悪くも煽りを受けている業種は多いと思う。

店を閉めざるを得ず、未来どころか今月を生き抜くのに知恵を絞らないといけないものもあれば、思わぬ需要拡大に嬉しい悲鳴をあげるものもある。

 

それらを俯瞰的にみて、withコロナ、afterコロナというワードが散見されるようになってきた。

簡単に言えば、コロナウィルスが猛威を奮っているこの状況下(withコロナ)、やがて収束した後の世界(afterコロナ)のことだ。

用例として「withコロナの働き方、afterコロナの働き方」のように使われ、主に経済的予測の文脈が多い。もっと身近なトピック…例えばwith/afterで外食業界が変わる、人とのコミュニケーションが変わる、みたいな使用例もあるだろう。

 

前書きが長くなったが、今回気になったのは"with"コロナだ。

わかりやすく書き直すとWITHコロナ。

そう、WITH。

 

義務教育で習った英語テキストを思い出してもわかるように、このコロナ騒動が起きる前/後を言い表すならbefore/after。ちょっと言い換えるとpre/postも当てはまる。誰それの後釜(ポスト●●)は誰だ、などの文脈でも見かけるポストだ。

 

それは良いとして、with、とは?

コロナの最中なら、duringではないのだろうか。

長ったらしく言い換えると、in the time ofも間違いではないだろう。

しかし、withコロナ、とは?

前後、と対比してなぜ"と共に"なのだろうか。

 

 

そもそもwithの意味は

 

今回もalcの英和辞典に登場してもらおう。

 

with

  1. ~と一緒に、~と一体になって、~と共に、~を相手にして、~と一緒に暮らして
    ・I'll be right with you. : すぐ戻ってきます。
  2. ~に雇われて、~に勤務して、~の一員で
    ・I have been with ABC Co. since it was founded ten years ago. : 創立以来10年間、ABC社に勤務してまいりました。
    ・Who are you with? : お勤めはどちらですか。
  3. ~と考え方が一体となって、~と同意見で、~に賛成して、〔人の話を〕理解して、~に味方して◆【反】against
    ・I'm with you. : あなたに賛成です。/同感です。◆相手の意見や気持ちに対して強く同調するときの砕けた表現。
  4. ~と時間的に一体となって、~と同時に、~につれて、~が同時に起こって、~しながら、~した状態で
    ・Don't sit with your legs crossed on a crowded train. : 満員電車の中で脚を組んで座るな。
    ・He is listening to the music with his eyes closed. : 彼は目を閉じて音楽に聴き入っている。
  5. ~と自分の体が一体になって、~を身に着けて、~を備えて、~を持っている、手元に~がある、~を持って、~があれば、〔道具などを〕使って
  6. ~と物理的に一体となって、~が付いて、~を含んで◆【反】without
  7. ~が原因で、~のために、~のせいで、その上

 

withコロナ、の用例としては4に該当するだろう。「~と時を同じくして」のニュアンス。

つまり「コロナと時を同じくして」、「コロナ状況下で」という意味合いでwithコロナというワードが使用されていると思われる。

ただ、4の意味で使うとしたら名詞単体では使われず名詞+形容詞がセットになるので、文法的にはwithコロナ(with Corona/the coronavirus)は「コロナと時を同じくして」という意味は、正確には持たない。

 

これに照らし合わせると、withコロナはいわゆる和製英語なのではないかと思われる、実際、with Corona (/with coronavirus) 用例で記事は見当たらない。

ちなみに、afterコロナに関しては問題なさそうで、postコロナとセットで登場している記事がヒットした。

 

In fact, just today there were many examples of life A.C. (After Corona).

 出典:www.chabad.org

 

 

withコロナの代用は

「コロナ情勢下で」を表現するならば、duringが該当すると思われる。

ただしduringの後には期間を表す名詞が来るのが常なので、during Corona では不正確。

強いて言うならば、during the coronavirus outbreak /during an outbreak of the coronavirus:「コロナ(ウィルス)の発生中に」という表現になる。

 

 

結論:語感重視なのでは

正確にduring を用いると長くなるし、何より頻出しづらいのは事実。

コロナ中、コロナ後に何が起きるのか、どう変わるのか、といった内容のほうが重要なのだから前置詞1つで片づけたいのが本音で、この和製英語が出てきたのだろう。

 

しかし、和製英語はしばしば文法どころか元々の意味あいすら捻じ曲げるところが厄介である。

例えば映画でも、日本では「ダークナイト ライジング」で知られるが原題は「The Dark Knight Rises」である。

24のジャック・バウアー役でも知られるキーファー・サザーランドが主演を務め話題になったNetflixのドラマ「サバイバー」も、原題は「Designated Survivor」である。

劇中でも触れらているが、テロによるホワイトハウス攻撃後、意図せず指定生存者(=Designated Survivor)とされていたキーファー・サザーランドが大統領職に就くところから物語がスタートするのであって、単にSurvivorではテロ攻撃そのものから生き残った主人公かのような印象を与える。これではただの24である。

 

正しい文法表現より、リズム感、言いやすさを重視することの多い和製英語

ベットボトルみたいに「そもそも違う!」ならまだ見分けがつくが、原語のニュアンスを若干残しているのはなかなかにヤラシイものだ。

 

 

ということで、今後の経済的予測か?と期待させつつ今回も英語エントリーでした。

 

 

stay home、stay at home どっちなのか問題

前回のエントリーから早2カ月弱、在宅勤務も継続…どころか、外出自体を自粛する状況になってきた。

 

対応がどう、補償がどう、とかは置いておいて、各方面から発せられるメッセージの中に"stay home" と "stay AT home" が混同してるなあ、と思ったのが今回のエントリーです。

 

結論:どちらも正しい

 

学校で"go home" と習ったようにhomeには前置詞がいらない、だから stay at home は間違いだ!

という訳はなく、どちらも表現としては正しいようだ。

 

stay home

在宅する、家にいる
・Ross will stay home to wait for Rachel. : ロスは家でレイチェルを待つだろう。

 

stay at home

  1. 家にこもる、家に引っ込んでいる、留守番をする、国内にとどまる
  1. 専業主夫[主婦]である、家事専業である◆【略】SAH

 

 ※出典:英辞郎 on the WEB - 英和辞典・和英辞典

 

どちらの表現でも、"家にいる"意味はある。

stay home は家で待機するニュアンスで、stay at home は巣ごもり的なニュアンスがあるように思える。専業主婦/主夫の意味あいもあることを考えると、stay home よりは意図的に家にいる(stay homeは外的要因で(仕方なく)在宅する)印象。

 

アメリカ英語・イギリス英語の違い説

 

アメリカの疾病管理予防センター(CDC)のリリースには

Stay Home When You Are Sick

という表現が使われている

※出典:Stay Home When You Are Sick | CDC

 

一方、イギリスはBBCの記事内・女王陛下のスピーチ内(1:07あたり)で

stay at home という表現が使われている。

※出典:Coronavirus: Queen tells UK 'we will succeed' in fight - BBC News

 

youtu.be

 

 

ちなみに、先述のalc の英和辞典でstay at home を検索すると、形容詞:stay-at-home も登場する。

 

stay-at-home

  1. 〔外出せずに〕家にいたがる、引きこもりの、出無精の
  2. 〔病気・老齢・子どもの世話などで〕家から出られない、在宅の
  3. 専業主夫[主婦]の、家事専業の

 

これに関連するするかたちで、先述のCDCのリリースの中には「stay-at-home order」という表現も使われている。

形容詞だと「家にいたがる」「家から出たがらない」なので、stay at home は意図的な在宅なのかも。

 

 

 

 

という訳で、この週末もおとなしくstay at home することにしよう…。

在宅勤務メモ

世の中にマエナラエ的に弊社も在宅勤務をすることになった。

兼ねてから制度としては存在していたが、実際に使うのは初めてなので備忘録がてら、所感を残しておこうと思う。

 

良かった点

・電車に乗らなくて良い

言わずもがな。通勤に限らず、遊びに行く・旅行するなどどのタイミングでも公共交通機関、とりわけ満員電車が苦手な人間からすると、他人と関わることなく仕事を開始・帰宅できるのは超ハッピーだ。

 

・案外捗る

受験生に「自習室じゃないと集中できない!」なんて人もいるが、在宅は思ったより集中して作業できる。

これは、普段オフィスで業務していてもあまり話しかけられたくない/周りに自分の苦手な話し方をする人の声が聞こえるとイライラする、みたいな性格だからかもしれないが、基本部屋にひとりなのはとても快適。

 

・連絡、連携は不便ない

在宅にすると会議がどうだ、連絡がどうだ、という懸念が挙げられるが、"イマドキのツール" でどうとでもなった。

普段からSlack導入されていて、ほとんどやりとりもこちらでできていたので問題なし。

対面じゃないと話が進まない人(いわゆる「会話したほうが早い人」)も、Google HangoutなりSkypeなりZoomなりTeamsなり、多種多様なテレカンをするためのツールが溢れていて解決策はあった。

だからか、案外電話が鳴ることは少なく、テレカン以外ほぼ喋らず・家から出ず、な生活スタイルになった。

 

 悪かった点

・メリハリ

頭悪そうな書き方すると、気がついたら夜になっている、だ。

まあ自室にチャイムなぞないので、 「そろそろランチするか〜」的な目安もない。

この作業終わったら〜、このメール打ち終わったら〜、と思っているうちに別の相談や案件が降りてきて、スケジュール管理・タスク管理しているうちにランチタイムは過ぎがち。

 

・結局何時に終われば良いのか問題

当たり前だが在宅時に自分以外の人間はいないので、"チームの雰囲気"も感じられない。

上司が帰らないと自分も帰れない(終われない)… という話ではない。

業種柄、急に依頼がある・きょう話が来て週明け対応といった、木曜の業務終了後に通達・月曜開始が要請された全校休校みたいな話がよくある。

オフィスなら、デスクで会話して整理して進めれば良い訳だが、在宅だとメール・Slackの文字量は増えるし、いちいちテレカンするわけもいかず。

じゃあ電話だ!となるわけだが、これが何時に終われば良いのか問題、だ。

対応できる時間中に課題整理して方針がまとまれば良いのだが、その後「こういう要望も追加で来ました!」的な展開が起きると(かつ起きがちな業界)、いつ電話かかってくるんだ、を常に気にすることになる。

まあ"ホウレンソウ"なり「業務終了しました!」をステータス表示するなりしておけば良い話なんだが、ややこしいことに複数の会社が関わると、統一されたサービスを利用しているわけではないので見れる人・見れない人もいる。

結局、夕方以降も電話くるかも・進捗あるかも、になる。オフィスならセキュリティを言い訳に、PC・スマホを置いて帰ることもできるけどね。

 

 

最後の項目を言いたかったんじゃないか、という文字量比率になってしまったが、個人的には在宅勤務大歓迎である。

 

久しぶりに駅に行ってみると、案外、人は電車を利用しているし、時差通勤を各社が推奨した結果、朝活勢の6-7時台からゆっくり始業勢の10時台まで満遍ない満員電車が爆誕した、という話も聞いた。

 

私としてはもはや業務時間の長さ云々、仕事のやりづらさ云々より、知らない他人と押し合いへし合いの満員電車のほうがストレス値が大きいので、今のところストレスフリーに仕事ができている。

 

今後コロナウィルス問題が収束して、在宅勤務の一般化は進むだろう。

今回初めて一斉在宅勤務になった会社は、オフィス勤務する人・在宅勤務する人それぞれがどう対応するか、という課題も出てくる。

しかもどちらかといと、案外テレカンで解決できるね、な課題より「みんな出勤してるから行ったほうがいいな」、「顔合わせて会話したほうが進むな、心象いいな」マインドとのたたかいである。

 

せっかくの在宅期間中に、別に顔合わせなくても仕事は進むな〜、オフィスって別に行かなくても良いな〜を確固たるものにしておきたいものである。