読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物書きのリハビリ

多趣味なもので、トピックはあちらこちらに飛びます。それだけ自由な文章を書いているということで、お付き合いいただきたく。

やばいシンガーを見つけてしまった

 

 

f:id:kentktk7716:20160730093343j:plain

ついに見つけてしまった…。

 

 

Wouter Hamelである。

ウーター・ヘメルと読む。

 

来日は2009年に果たしているようなので、知っている人からしたら今更感があるかもしれないが。

 

作詞作曲もできるそのスタイルはメル・トーメジェイミー・カラムフランク・シナトラらに例えられ、「新世代のフランク・シナトラ」「ミスター・ジェントル・ヴォイス」「シルクの声を持つジャズ界のプリンス」などと評されている。

 

Wikiからの引用。

まさにそんな感じで、でもこういう「次世代の○○」みたいな範疇におさめて欲しくない。

まずは聴いてみましょう。

 

Wouter Hamel - Breezy

www.youtube.com

 

かっこいい。

というか、丸の内サディスティックもそうだけどこういう7thの曲好きだな、自分。

出身はオランダ。

この曲がバチッときた私は、もっと掘り下げてみることにした。

 

 

 

Wouter Hamel - Demise

www.youtube.com

 

Stevie Wonderっぽい。 

ジャズシンガー、と言われてる割には、ジャズの垣根を超えてると思うんだけど。

 

 

Wouter Hamel - GiuGiu

www.youtube.com

 

 

イギリス人と勘違いしそうな曲もあるし。安直だけど。

 

 

Wouter Hamel - When morning comes

www.youtube.com

 

これなんか最高。

黒人のギタリストが良い仕事してる。

ライブ観に行きたい。

 

 

 

Wouter Hamel - While I'll Be Gone

www.youtube.com

 

かと思えば、こういう曲もある。

ここまで紹介した中で、歌メロに関してはこの曲が一番好きだ。

個人的には、男版・ノラジョーンズな感じがしているんだけど。

 

 

まだアルバムは4枚しか出してないようなので、追いつくのは難しくない。

2007年から2-3年おきに発表しているあたり、そろそろ新譜が来そうだ、最新のアルバムが2014年なので。

 

 

いかんせん、情報が少ないのでAmazonのレビュー読みながら調べてます。

タワレコのポイント失効しますよ〜って連絡が来たから、CD買ってくるかな。

 

Wouter Hamelを調べるにあたって、同時に見つけた曲も残しとこ。

 

 

 

Jason Mraz - Butterfly

www.youtube.com

 

この手の曲に似つかない、可愛らしい楽器持って歌ってるな。

バンドやってた頃に、やってみたかったけど(技術的に)できなかったであろう系の曲。

Bruno Marsも、もっと言えばMichel JacksonもJames Brownもだけど、キメの難しい曲をよく大人数でユニゾンできるな、と思う。

日本人だったら、歌うのに精一杯だよ、ましてノルなんて。久保田利伸くらいじゃないかな。

 

 

 

 

Jamie Cullum - Mind Trick

www.youtube.com

 

ザ・キーボードを買いたくなる曲。こんな弾ける訳ではないが。

言っちゃ悪いけど、ルックスはGreen Day好きです感ある。

 

 

思えば、Jamiroquaiも好きだし、アシッドジャズとか好きなんだった。

バンドやってた頃は、巧くジャズができるベースもギターもいたから声を小さくしていたけど。

 

 

 

そういうしがらみなく聴けるいまの流行は、こういう音楽だ。

 

 

 

 

でもやっぱり、バンドもまたやってみたいのである。

 

 

ヘメル

ヘメル