読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物書きのリハビリ

多趣味なもので、トピックはあちらこちらに飛びます。それだけ自由な文章を書いているということで、お付き合いいただきたく。

アルマトイ6日目: お土産に最適なもの

海外に限らず、旅行や外出時の悩みのひとつは、お土産選びだと思います。

カザフスタンには、お土産にとっておきのものがあるので、そのひとつを紹介します。

f:id:kentktk7716:20160326201304j:image

チョコレートです。
青いほうは、カザフスタンの国旗が印刷されたもの。
国旗自体がかっこいいデザインなので、これだけでも目を惹きますよね。

一方、下のほうは首都アスタナにある、バイテレクが刻まれたもの。
f:id:kentktk7716:20160326201455j:image

去年、行ってきました。
大統領のデザインによるそうですが、紙にちゃちゃっとイラストを残したものが基になっているそうですから、優れたデザインですよね。
ここは街を一望できたり、大統領の手形に触れると音がなる仕組みがあったりと、人気ある観光施設のひとつでもあります。

どちらも、日本円で¥80〜100ほどなので、お手頃価格です。

そして今日は、ロシア料理のレストランに行ってみました。
f:id:kentktk7716:20160326201716j:image

目に入った最初のメニューが、ビーフストロガノフだったので、それを注文してみました。

f:id:kentktk7716:20160326201805j:image

赤ワインを飲みながら待ってみます。

するときました、ビーフストロガノフ。

f:id:kentktk7716:20160326201930j:image

私は正直、運ばれてきたときに驚きました。
ビーフストロガノフは、赤ワインで煮ているイメージがあったからです。

f:id:kentktk7716:20160326202025j:image


しかし目にしたのは、クリーム煮。
調べてみると、クリームシチュー風なのは、ウクライナ風のよう。
新しい発見でした。
もちろん、味は美味しいし満足です。

f:id:kentktk7716:20160326202145j:image


このレストランへの道中、バザールが開催されていました。
f:id:kentktk7716:20160326202241j:image

野菜や生肉が販売されています。
日本の感覚と違うなと思うのは、生肉が吹きさらしになっている点でしょうか。

カバーケースや保冷剤などがある訳ではなく、シートが敷かれたテーブルの上に積み上げているだけ。
加熱すれば殺菌できると言えばそれまでですが、こういった点に違いがあるのだなと感じます。

f:id:kentktk7716:20160326202443j:image

今日は冷えた1日だったので、早めに寝て明日は博物館入ってみようと思います。
f:id:kentktk7716:20160326202625j:image