物書きのリハビリ

文章の練習と備忘録

アメリカ 謎のお菓子 "pop tarts"の思い出

私は甘いもの好きで、かつ怖いもの知らずなのでわりと、

海外で売ってる怪しいお菓子も食べてしまいます。

 

未だに好きなのは、アメリカで買ったpop tarts!

 

 

 ポップターツと読みます。

販売はケロッグ

日本人には、ケロッグはコーンフレークのイメージが強いですが、

ことアメリカにおいてはこんな商品も展開しています。

 

手のひら大のタルトに、ジャムが挟まれたもの、とでも表現すべきだろうか。

その表面にアメリカらしい、カラフルなチョコがのっている。

 

 

f:id:kentktk7716:20160626000444j:image

※商品イメージ

 

 

どこにでも売っていて、スーパーに行くと文字どおり、山のように積まれています。

f:id:kentktk7716:20160625233828j:image

 

こんな感じで。

ぜったいいくつかは、箱が潰れている。

アメリカンクオリティ…。

 

2枚入りの袋が、2パックでワンセット。

だいたい、¥3〜400くらいだったと思います。

1袋に2枚なんて少なく感じるが、これが1枚でもかなりお腹にたまる。

ホームステイをしたときは、ホストマザーが

「朝食よ」と出してくれたのはお皿に乗った2枚のポップターツだった日は

内心驚いたものだった。

 

味の種類はかなり多くて、主にフルーツ系、チョコ系、キャラメル系に分かれます。

 

ポップターツ入門にはフルーツ系をおすすめしますね。

ジャムだから受け入れやすい。

チョコは露骨に好き嫌いあります、アメリカの、もとい海外のチョコは

日本と違う甘さ(くどさとも言える)があって。

 

アメリカに行った時、友達に勧められて食べて以来、

大いなるポップターツファンになった私は、スーツケースの半分を

ポップターツにして帰国したほどである。ホストファミリーに爆笑された。

ちなみに初めて食べたポップターツはストロベリーフレーバーでした。 

f:id:kentktk7716:20160625234952j:image

 

ちなみに写真にあるのはすべて異なるフレーバーだけど、

これでも全種類制覇ではない。

アメリカを訪れる度に新しい味が見つかる。

と言うと、日本のポッキーやキットカットにいろんな味が出ているような

感覚なのかもしれない。

 

味を忘れられなくて、日本ならコストコにあるかな?と探したこともあるけど、

売っていなかった。ルートビアはあるのに。

どうやら、日本で手に入れるにはAmazonしかないようだ。

 

ここまで推しておきながら、たいていの人は、

一度食べればしばらくいいや、

となる。お土産にあげた友達の何人かは、半分も食べてくれなかった…。

 

私がアメリカに留学していた頃は、常備しておやつにしていました。

日本と違って、そこらにコンビニがある訳ではないし、

あっても24時間ではないし、ましてちょうどいい値段の

ちょうどいい食べ物が売っている訳でもなく。

デスクに青い箱を積み上げて、夜な夜な食べながら勉強していたのは良い思い出。

 

食べ方ですが、基本的にそのまま食べても良いけど、

レンジで30秒ほど加熱すると良い塩梅にタルトが柔らかくなり、

中のチョコやジャムも溶けてきて、できたてのタルト、という感じになります。

ホストマザーが出してくれた時も温めてありました。

 

ポップターツにまつわるエトセトラは語り尽くせないが、

Amazonで販売しているの見つけたので書いてみました。

 

甘いもの好き、怖いもの好きなら、是非。

 

 

 

 

【2018/03/21 追記】 

先述した、ポップターツをお土産としてあげた友達と遊ぶ機会があって、久しぶりにこのお菓子が話題になった。

 

この記事を2016年に書いた時は1種類×数箱、のように

いくらポップターツフリークの私でも飽きてしまいそうな組み合わせしかなかったのだが、様々なフレーバーの組み合わせもついにAmazonで買えるようになっていた。

 

 

 

ここにある5種類は比較的王道なほうの味わいで、ポップターツ入門としては良い感じ。

まずはここからポップターツとはなんぞや を知り、ハマっていくんだろう…。

 

【2018/9/30追記】

最近、このブログのアクセス数が伸びているので

アクセス先を調べたらこの記事でした。

ポップターツで検索すると、このブログが上位で出てくるようですね。

 

私のように留学していてポップターツを食べていた、という方のブログもあって

懐かしい気持ちになったので勝手ながら参考までに。

 

www.okiiju.com

 

blogs.yahoo.co.jp