物書きのリハビリ

多趣味なもので、トピックはあちらこちらに飛びます。それだけ自由な文章を書いているということで、お付き合いいただきたく。

アメリカ/イギリスだけが洋楽じゃねーぞ!

初対面でもなんでも、音楽の話をするとき、

「最近、曲聴かないんです〜」

という展開にならなければ、大概は邦楽か洋楽か?となる。

 

めでたく、洋楽の話になると、ここも大概、

アメリカかイギリスのロックやポップスの話になる。

 

 

それはそれでいいんだ、iTunesの中に入ってる8割はそれらの国の音楽だから、、

 

だがしかし!

 

一口に洋楽、と言っても、案外いろんな国のいろんな音楽があるよな、

と思ったので備忘録がてら、書いてみようと思います。

 

 

1. Sweetheart / Mari Persen

www.youtube.com

 

一曲目は、ノルウェー

 

どこか、レイチャールズのRuby的な、NYとか、モノクロ映画とかを

彷彿とさせるようなストリングスのさわりが心地よい。

 

とは言っても、懐古的な曲調になるんじゃなく、

現代的なハネたリズムも現れて、聴きやすい。

 

曲良し、歌良し、ビジュアル良し。

一曲目にして、ハードルを高くしてしまう、スイートソング。

 

 

 

2. MY LITTLE JOYS / MS.Sounday

www.youtube.com

 

 

こちらは、ロシアのR&B / ネオソウルシンガー。

 

 

www.sweetsoulrecords.com

 

 

日本のメディアでも取り上げられたことがあるようで、

ロシアでの存在感は大きいらしい。

なぜか、YouTubeにフルアルバムがUPされている。

個人的なお勧めは、8曲目のНа вдохе。

 

彼女のInstragramは割と頻繁に更新されているので、

近況を割と追いやすいシンガーでもある。

 

 

 

 

3. Les Passants / Zaz

 

www.youtube.com

 

Zazは何度か来日したことあるから、有名かな。

フランスのシャンソンシンガー。

 

スタジオ版より、ストリートでやってるほうが雰囲気含め好き。

 

大学の図書館にもCDが置いてあった。

Edith Piafの再来とか言われてたかな。フランス語の勉強してた時は

よく聴いたし、シャンソンに興味がある今もよく聴く。

 

 

 

 

 

4. Cemalim / Erkin Koray

 

www.youtube.com

 

 

知る人ぞ知る、トルコのジミヘン。

もっとジミヘンっぽい曲もあったんだけど、削除されてしまったかな。

 

野村ギター紹介で、すかんちROLLYさんが紹介していたギタリストでもある。
(5分あたりから)

 

www.youtube.com

 

ちなみに、渋谷のタワレコには5枚くらい、

ちゃんと「トルコのジミヘン」って紹介文と共に置かれてあった。さすが東京。

 

 

 

5. The Book Of Morris Johnson / Zee Avi

www.youtube.com

 

こちらはマレーシアのシンガー。

歌詞は英語なので、物語が分かりやすのではないだろうか。

MVも楽しいし、曲中に鳴き声や環境音などが取り入れられていて、

曲の背景がわからないとして、明るい気持ちになれる曲。

 

ちなみに、曲のタイトルにもなっているMorris Johnsonとは

実在するアーティストで、この曲はそのアーティストの作品に影響を

受けて作られたという。

 

 

 

 

6. Hey (Nah Nah Nah) / Milk & Sugar vs Vaya Con Dios

 

www.youtube.com

 

 元は、ベルギーのVaya Con Diosというバンドの曲で、

ドイツのDJ(Milk & Sugar)がリミックスしたもの。

 

原曲自体は90年代にリリースされたようだが、

もうその時から四つ打ちノリ、時代を感じさせない。

 

こういう、民族的というか、オーガニックな「お国柄」の強い曲に

ダンス色が強くなると、Aviciiとか、日本ならポルノグラフィティ

オー!リバルとかを思い出す。


お国柄感とダンス系も好きな人には、お聞き得だよね。

 

 

 

 

意気込んだタイトルつけたのに、6曲だけだった。

 

まあ、広い目で見れば、北欧もデスメタルというか、ドラゴンと戦う

CDジャケット とかあるよね。

 

良い「英語圏以外の洋楽」あったら、教えてください。